teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


そうですね

 投稿者:エイミー  投稿日:2010年 1月10日(日)14時39分48秒
   やはり新番は小粒が殆どで特に面白いモノが見受けられません。 わるきゅ様の書かれた通りドラゴンボール改のような作品になってきます。作画が洗練された事もありますがスケールの大きい世界観、バトル、冒険譚、加えて主人公達の友情と成長がしっかり構築されているからでしょう。こうした器が脆弱だとあの強烈なキャラ達の個性がまとまらず破綻を来してしまいますよね。また、声優さんの演技に安定感があるのもイチオシの魅力でしょう。
因みに私は中尾隆聖氏のフリ-ザの慇懃無礼と凶暴性のバランスが取れたところに惹かれます。 今のナメック星篇がパワーバランスが目まぐるしく入れ替るのにすんなり入っていける名編だけに尚更です。だからこそ悟飯やクリリン達の奮戦を応援したくなる反面フリーザ様とその(一部)愉快な僕達に「ああいうのも良いなぁ」と思えてきます。

 対して昨秋以降のアニメが振わないのは差別化を図る余り特異な設定が先走りがちになるからではないでしょうか? 基本を押さえた作品をもっと見たいものです。 それではこれで失礼します。
 
 

あけおめ!

 投稿者:わるきゅメール  投稿日:2010年 1月 8日(金)04時46分2秒
  ということで明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

>エイミーさん
というわけで、おめでとうございます!
最近ようやく10月スタートのアニメを見始めたトコです。
そんでもって、1月の新番も予約し始めたトコですが、何か「新番少なっ!」って感じです。
特にチバテレビとか、そのへんが今ンとこ皆無でビックリです。
ついにアニメバブルがはじけたんだろうか…とか思いつつ、少ないコトにちょっとホッとしつつ(^^)。
エイミーさんが言われるとおり、10月アニメもなんか安易なモノが多い感じがして、
今のトコ何だかなぁ、とか思いながら見てますよ。
何か、次回が気になってしょうがない!みたいなアニメが始まらないもんですかね~。
そういえば今は改めて「ドラゴンボール改」をワクワクしながら見てたりしますが(^^)。
やっぱ、ドラゴンボールって面白い!!
そんなこんなで今年もよろしくお願いします!
 

謹賀新年

 投稿者:エイミー  投稿日:2010年 1月 3日(日)14時33分45秒
   明けましておめでとうございます。エイミーです。わるきゅ様におかれましてはつつが無く新年を迎えられた事と存じます。
私の方こそ昨年は色々と話にお付き合い頂いて有難うございました。HPの運営はやはりご自分のペースを守りつつまったりと。それが一番ではないでしょうか。
 お薦めの作品はここ暫くは見つかっていませんね~・・・ もし、「これは!」と言うものがあったらレスします。今後新作があるならば個人的にはまた今川監督のそれが見てみたいです。以前カキコした「グレート篇」もそうですが伝奇モノがあったらなあと思います。
 本年も参加していくつもりです。改めましてどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

新年はどうなることやら…

 投稿者:わるきゅメール  投稿日:2009年12月31日(木)03時27分27秒
  ついに9月からの新番をマトモに見ることなく新年を迎えることに…(^^;)。

>エイミーさん
もう遅れまして、とかそんなレベルをはるかに超えたレスでホントにすいません(--;)。
テガミバチ、きっと来年見ることになります(^^;)。
新番も何が始まるかサッパリな感じなんで、よさそうなのがあったら教えてくださいね~。
今年も掲示板にいっぱい書き込み、ありがとうございました。
来年もこんな感じになると思いますけど、よかったらまたおつきあいください。
そして、たまには絵も描かないと…すっかりなまったような気もしますが、
そんなに変わらなかったりして(^^;)。
そんなこんなで、よいお年を~!
 

テガミバチ

 投稿者:エイミー  投稿日:2009年11月 1日(日)13時26分14秒
   わるきゅ様、今日は。エイミーです。今のところは暖かい陽気ですが如何お過ごしですか。

 秋のアニメですが題名にも書かせて頂きましたが、「テガミバチ」です。先ず自然物の質感に拘った絵が中々と言ったところです。 雪や岩が単に「冷たい」とか「硬い」と言うだけで無く、触れたら身が切れるような「厳しさ」のような物が伝わってきました。それに夜空も澄み渡っている反面、そのまま吸い込まれて「何処か」へ運ばれてしまいそうな感じさえしてきますね。 こうした過酷な描写があればこそラグがゴーシュやニッチを初めとする人々との繋がりの中で生きていく姿により惹きつけられます。 BEE達(私的にはコナーがお勧めです)のプロとしての姿勢も様々でそうした面も含めてもっと話題になってもらいたいものです!

 それではこれで失礼致します。
 

ようやく

 投稿者:わるきゅメール  投稿日:2009年10月19日(月)13時11分35秒
  サマーウォーズを観てきました。
評判がよかったのも納得で、面白かったです! ムックも買おう。
しかし上映時間はどれくらいだったかなぁ…わりと「もう終わりかな?」と思ったところに
「いや、まだだ!」的にさらなる問題が出たりして、楽しみつつトイレが辛かったなぁ(^^)。

>エイミーさん
ああ、昔の絵はあんまり見ないでくださいな…。いや、もう自分では結構直視できないですよ(^^;)。
まぁだからといって新しい絵を描くかっていうと、そーでもないんですが。

もう秋の新番もボチボチというか、バッチリ始まってるんですよね。
自分といえばいまだに7月アタマくらいのアニメを見てますよ(^^;)。
それも新しい(もう新しくないけど)のは、「大正野球娘」と「青い花」くらいしか見てないような。
なので「マジンガー」も今、真ん中あたりだったりしますよ。

秋のオススメって何かあったら教えてくださいねー。
 

いえいえ!

 投稿者:エイミー  投稿日:2009年10月 4日(日)13時31分40秒
   わるきゅ様、そんな事ありませんよ。 これまでの絵ー特にお嬢、秋ママ、美鳳ちゃん、妙ちんにティナそしてこだまちゃん、ベルに早苗ちゃん最近は季節柄どれみですっ!-をいつも楽しく拝見していますから心配なさらなくても大丈夫ですよ。

 「戦場のヴァルキュリア」、確かに個々のインパクトは弱まってしまいましたがその分最終回の第7小隊全体の団結は中々かなと思いました。 愛する人や仲間の為だけでは無く自身の未来も見据えて戦う彼らとプライドに拘泥し自分一人で抱え込んでしまったマクシミリアンとの対比は十分描けていたのではないでしょうか? それだけに除隊後の彼ら&彼女達はとても爽やかでしたね。 ウェルキンとアリシアは勿論の事(やっぱり彼女はあのスカーフが安心できます♪)ヤンの意地らしさとロージーのバイタリティには「うんうん」と頷いてしまいました。
「複雑な気分」、私もそれ分かります(笑)「銀魂」で局長が変身しちゃってるので一層強烈で・・・・ いけないと知りつつもついあの姿で「アリシアーッ!」と(爆)・・・・

 「あねどきっ」の不振の原因は先ずなつきの家出の理由がヒントすら明かされていない為共感し難い事、そして「いちご」や「初恋」のヒロインの特徴を詰め込みすぎて結局おじゃまキャラのようになってしまった点にあるのでは? 妹のちあもそうした負担を軽くする役割を与えられているんでしょう。仰るように人間関係に河下先生の醍醐味があるのですから今は空回りしている感が否めません。 折角、夏祭りの回ではその要素が見えてきたのに勿体ないです・・・・ 或いはこのエピソードだけを抜き出して前中後篇の短期集中連載にしてた方が良かったかなとも思いました。

 終わったと言えば「真・マジンガー 衝撃!Z編」もそうですよね。途中から剣造博士やVR世界を通じた古代ミケーネ等とあちこちに筋が飛んでいった印象がありましたが見応え十分で正にお腹イッパイでした。暗黒寺達警察関係者がくろがね屋との間でキャラが被らなかった所が◎でしたしこれも今川監督の技量があればこそ、なのですが光子力研究所のメンバーにももっと暴れて欲しかったです。マジンガー軍団がパイロットとマシン共に気にいっていたのでたまにはZ抜きで活躍しても良かったかなあとも思いますね。
 それでも近年稀に見るロボットアニメを見る楽しみーアクションと主人公の成長ーは味わえた作品である事には間違いありません! 三大都市同時攻撃、ドナウα1を巡る三つ巴戦、エネルガーZとの兄弟対決そして地獄王への100連発!!
ここまでやってあのラストなのですから次は「グレート編」も作って欲しいものです。

 それではこれで失礼致します。
 

もう秋だ…!

 投稿者:わるきゅメール  投稿日:2009年 9月28日(月)04時57分7秒
  もうそろそろ秋の新番が始まる頃なんですね…。
いまや貯まったアニメが3ヶ月半ぶん! なので、1クールの新番を見ないままに新しいアニメを迎えることになりそう…というか、なる(--;)。

>エイミーさん
こことんとすんごく忙しく&ズボラが重なってレスもこんなに遅く…もう見られてないかもしれませんがスイマセン(--;)。
そんな感じで戦場のヴァルキュリアも終わってしまいました! コレだけは毎週きちんと見てました。
最終的な感想としては、最後のあたりがウジウジしてる感じがあったものの、なかなか楽しかったです。
残念だったのは、小隊の脇役メンバーの活躍がほぼなかったこと。
とは言っても1年くらいやんないと、そこまで描ききれないのかなぁとも思いつつ。
ある瞬間にウェルキンが「銀魂」の近藤局長と声優さんが同じだと気付いて、
あのゴリライメージが沸いて複雑な気分になったりしたりもしました(^^)。

「あねどきっ」は最近、すべって転んで女の子に覆いかぶさったところに意中の子が来るとか、
ベタなラブコメ展開が多いのがちょっと気になるかなぁ…って感じですね~。
河下先生って、今まではもっと複雑な関係を楽しく見せてくれるものが得意っていう印象があったんで、
最近の展開はあとひとつ、って感じですかね~。

ああ、秋の新番って何が終わって何が始まるんだか、ホントにわかんないなぁ。
ちゃんとチェックしないと。
 

ハイッ♪

 投稿者:エイミー  投稿日:2009年 8月 1日(土)15時07分27秒
   「戦場のヴァルキュリア」、見てますよっ!! 架空戦記と言っていい位の骨太な世界観はとても歯応えがありますよね。 だからこそ誰がメインになっても違和感が生じないんでしょうね。それに登場人物も互いを気遣うギュンター兄妹そして嫌味にならない「デキる男ぶり」がカッコいいランツァート隊長等に共感させられる部分が多いと思います。 特にランツァートの隊員への細かい配慮と捌けた態度とのバランス! 身に詰まされる時すらありますよ。
 今回の「精霊節の贈り物」は先述の物語性と彼女なりに味わってきであろう辛酸をバックボーンとしてロージーなりの優しさに説得力を持たせていました。それらの事を思うとイサラに起きた事が今更ながら重く圧し掛かって来ますね。

 「バクマン」、かつての「べしゃり暮らし」と同じく少年誌のそれにそぐわなくなって来ているんですかね? 話の展開としてはとても盛り上がっているので別枠に移動しないで今の状態から挽回して欲しいものです。

 ジャンプと言えば「あねどきっ」はもう読まれましたか? ラブコメだけでなくアクションや謎解きの要素も交えて娯楽作品としての王道を行っている様に好感が持てます。
それに洸太の年齢を中一にしたのも巧いと思いました。この年頃だとまだ「家庭」と「学校」が世間の大部分になりがちですよね。そんな殻を強引に壊す存在としてなつきがいるんでしょう。世話好きで彼女なりの覚悟を示している様(修学旅行ー友達との想い出作りをも犠牲にしていますしね・・・)は「おねえさん」より寧ろ「オカン」に近いかもしれません。 そんな「彼女」からも目が離せませんっ♪

 それではこれで失礼致します。
 

ドラクエⅨ

 投稿者:わるきゅメール  投稿日:2009年 7月27日(月)05時49分38秒
  を買ったものの、なかなか遊ぶ時間もナシ。
でも、すれちがい通信するとメチャヒットして驚きますね。
さすが300万本パワー!

>エイミーさん
またまた返事がすんごく遅くなっちゃいまして…(--;)。
そうこうしてる間にも、「バクマン」も一悶着な展開になってますね。
で、気になるのはマンガの展開として結構面白いと思うのに、今回かなり後ろのほうに
来てるんですよね…。
順位が低いマンガは後ろに行っちゃうってコトは…とか中で描かれてるようなコト、気にしてます。

話は変わりますが、「戦場のヴァルキュリア」って見られてます?
自分は最近ようやく見始めて、面白くて一気に見ちゃったんですよ。
気合の抜けた隊長がその才能で破竹の奮戦ぶりを見せたり、一方で恋愛にヘタレでいろいろ
な問題が起こったり、
隊の中でもいろんな人間関係があったり…と全体的にクオリティが高くていいですよ。
っていうか、もう1クールと半分くらいやってるし、見られてますよね~(^^;)。
 

レンタル掲示板
/10