teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


HP「天像俳句館」をご覧のみなさまへ

 投稿者:正岡豊  投稿日:2010年 9月 3日(金)11時02分37秒
  管理者の正岡です。

二年と少し前に転居してから、事情と怠惰とでネットのことは
ほったらかしにしておりました。
プロフに書いてある住所や、トップページのメールアドレスにはもう
何をおくっても届かないと思われます。
メール便だと返送されないので、
ここ一年に何かを送っていただいた方には、
まことにもうしわけなく思っています。

8月あたりから、mixiで日記を再開しています。
ミクシィは「足あと」が残ってしまうので、
見るのに抵抗があるひとも少なくないとは思うのですが、
なんとなく一番書きやすかったというのが主で他意はありません。
一応「友人の友人」までの公開にしているので、それでたいていのひとには
読もうと思えば読めるのではと勝手に思っています。
それでも読めないひと面倒でしょうがメッセージいただければうれしいです。

ここ一二年の短歌のことで思うのは、結局ほとんどすべての短歌作品が
「人間と人間の関係」に還元されてきたような気がすることでしょうか。

*六月の夜への挨拶「殺される美しいおばあさんおやすみ!」
                  塚本邦雄

という歌がありますが、たとえばこの歌など、
「もしもおばあさんが殺されると知っていたなら、私だったら警察に言うとか、
 本人に注意するとかするでしょう。比喩だとか詩的幻想とかいわれても、
 殺される→おやすみ、というのは私には理解不能です。茂吉に「オリーブの
 あぶらのごとき」という直喩の歌がありますが、あれなどはわかるわからない
 を抜きにしても、あの歌でたとえば小豆島の実在のオリーブ栽培業のひとなんかが
 傷ついたり違和感を持つとかは考えられません。別に誰が何を書こうがひとは
 自由ですが、根本的には、人間の関係として詩歌というものはあるのではないでしょうか」

 という風に読まれるのではないですかね。
 「それを人間関係を大事にしないお前が言うか!?」
 という叱責はその通りで、深くお詫びいたします。
 が、どこか違和感が残るのも事実は事実です。
 30年間弱ほど詩歌を横からながめてきたわけですが、
 時代が移るのではなく、時代が塗り替えられるように変わるという感覚は、
 はじめて感じるものです。
 現在からみてこうなら、それは正しいのだ、という感覚は、
 どうなのでしょうか・・・。
 人間と人間の関係以外に何があるのか、という問いには一番回答しにくい
 ですけどね。
 確かにそれ以外何もないように私にも見えるので。

 というようなことですか。
 ネットはそれ自体大きな「サービス」で、その中で常に新しいサービスが
 盛衰してきたものです。それもこれからは変わらないでしょう。
 今見えるもの、目の前にあるもの、確かにそれはすべてでしょう。
 でもやっぱり私には「世界の果て」はあるのだと思いたいのです。
 「世界の果て」と「こちら」とを、常に行き来できるような回路や通路のような、
 そんな一首やら歌集やらを、こころのどこかで求めてゆきたいですね。
 
 

穂村 弘 『にょにょ記』

 投稿者:koyama  投稿日:2010年 4月21日(水)23時47分32秒
  を、買いました。 5月4日 グレン・グールド の文書を読んで、『あは!(^^)』ぁてtおもって 買いました。なんだか、読んでいて 心がほころんでします。  

井上ひさしが死んだ

 投稿者:正岡豊  投稿日:2010年 4月13日(火)12時21分43秒
  井上ひさしが死んだ
なぜ死んだのだろう
そりゃあんた
死んだから死んだんだよ
ついでにいうと
うちの父親も去年の九月に死んだ
目の前で
呼吸を止められた
まあそれはそれで
いいんだけど
(よくはないが)
youtoubeに
「ネコジャラ市の十一人」の
主題歌がアップされている
あんなに昔の番組の曲なのに
驚くほどきれいにファイル化されていて
おじさんびっくりよ
その「ネコジャラ市」は
井上ひさしがひょっここりひょうたん島の次に手がけた
人形劇で
人形の劇で
ニンギョウノ ゲキデ
オホシサマキンキラキンッテイウカサ
心中シナイジャ山ガユルサヌッテイウカサ
ほら、ネコジャラ市という市の、
その町だけを残して、ほかのその世界の都市や陸地を
悉く(読める?)溶かしてしまう
「アカンベロン」という劇薬を(ぷぷぷ、劇薬だってさ)
悪者が作るというエピソードがあったわけ
そうすると、
ネコジャラ市の地価があがるでしょ?
ま、それで、話は
その「アカンベロン」の隠し場所を
森永チョコボールのキョロちゃんみたいなキャラが偶然知ってしまって
悪者たちにつかまってしまうとなったのさ
そこでそのキョロちゃんもどきは
殺されかけちゃうんだけど
死ぬ前に「今から歌う歌を、頼むから、友達のなんとかに伝えてくれ」
とか
頼むのね、確か。
そいで、じゃ歌ってみろ、とかいう風になるのね
そしたらそのカラスっぽいのが

「ももたろさんが
りんごを食べて・・・」

とか結構長い歌を歌うのね。
そいでどういういきさつだったか忘れたけど
それがその友達に伝わるのね。
で、その友達かなんかは、
この歌はなんなんだろうとかいって、考え始めるのね。
それで、歌の歌詞を縦書きでざーっと書いていって、
「まてよ・・・」とかなんとかいって、
「ももたろさんの、「も」、りんごの「り」・・・
横に読むと、

『もりの木のなかにアカンベロン』!?」
とかなんとかいってそのメッセージを解読するのよ。

でもさ、「ン」はどうやって歌詞にしていたのかとか
そういうことはおぼえていないんだよなあ。
ほんとにどうやっていたんだろう
たださ、
今だと「頭韻」とかそういう言葉も知ってるけれども
ガキだった私にそういう言葉のダブルミーニングっていうかさ
「そろえることのとんでもない楽しさ」みたいなのをさ
そのとき確かに教えられたように
おもうんだな。
好きな作家なんかじゃなかったけれど
桜の散るころに
また一人
記憶に残る書き手が散ったことは
なんとなく
センチメンタルな旅、春の鳥。
 

河野道代『銅版風景』

 投稿者:たなかけいこメール  投稿日:2010年 3月 5日(金)02時36分4秒
  お元気ですか? ご無沙汰してます。

河野道代が書紀書林から出版した『銅板風景』という詩集があって。
2冊目の詩集は、フランス語の「螺旋」みたいなタイトル(たぶん)で、
詩を読まなかった頃に上梓されたので、気が付いたときには手に入らなくて、
いもとくんにいくつかメールでもらったりしました。
今日の日経夕刊(*)で、『花・蒸気・隔たり』という詩集が最近出たと知って、
注文をかけようとアマゾンで調べたら、それも出てきたけど、
『銅版風景』が1500円で(たぶん当時の値段、
この部屋のどこかにあるが今は見つからない)5冊在庫があるようです。
面白く思ってもらえるかもしれません。だめかもしれません。
気が向いたら買って読んでみてください。
と思いました。ではまた

                      たなかけいこ

  *小池昌代さんによると「河野の詩集はいつも入手できない。一般読者の存在を考えていないのだろうか。」だそうです。つい笑いました。そのスパイラルっぽいタイトルの詩集、すごく探したけど現物を見たことがないです。それでいいかもしれない(^^;
 

まさおかさん!!!

 投稿者:ただ(夛田 真一)メール  投稿日:2009年 6月 6日(土)23時43分40秒
  お誕生日おめでとうございます。時々掲示板の書き込みが整頓されており、
ああ、生きてるんだなあとおもって、うれしくなります。

でも投稿が認証コード制になったから、
このうれしさの生成もなくなるんだろうなあ。
 

私説公開

 投稿者:石垣眞人  投稿日:2008年11月24日(月)15時37分54秒
  「平成の黙示録」という表題の私説を公開しています。
http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。
 

私説公開

 投稿者:石垣眞人  投稿日:2008年 8月 6日(水)17時38分0秒
  「平成の黙示録」という表題の私説を公開しています。
http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。
 

まさおかさん!

 投稿者:ただ(夛田 真一)メール  投稿日:2008年 6月 6日(金)18時11分54秒
  お誕生日おめでとうございます。  

壮年の田村聖さん

 投稿者:Qちゃん  投稿日:2008年 2月18日(月)23時18分40秒
  が、正岡さんに『また、3人でおでんをあてに飲みにいきましょう』といっといてと仰ってました。  

まさおかさん。

 投稿者:Qちゃん  投稿日:2008年 1月 1日(火)20時17分29秒
  あけましておめでとうございます。  

まさおかさんこんばんは。

 投稿者:ただ(夛田 真一)メール  投稿日:2007年12月18日(火)23時39分42秒
  レスうれしいです。

追伸で書くことを忘れたことがあっったのを思い出しました。

第二歌集凄く楽しみにしてます。
何冊買うことができて、そして、
自分は結局何冊買うことにするのか悩んでたのですが、
まず一冊かって(自分の読書用)そして凄く味わって、
しばらくたって、まだ残に余裕があったら、
保存用、貸し出し用と買い増していこうかと、
さっき風呂のなかでおもっていました。

『四月の魚』があって、天象俳句館があって、
別荘日記があって、
そして今度の歌集がある密度と時間の流れに、
憧憬からくる甘美な思いが沸き起こります。

絶望と幸せは同居するって、
いつかの夏休みチャットでのことを、
おもいだしたり。

夏休みチャットといえば枡野さん、

自分もまた生徒と対するとき
自分自身の弱さやよくないものと向き合うつもりで、
真剣に向き合いたいとおもっています。

ではまた。
 

まさおかです

 投稿者:正岡豊  投稿日:2007年12月13日(木)18時24分52秒
  >たださんへ

間が空いてしまってすいませんね。
書き込みありがとうございます。

「大公トリオ」の曲は、村上春樹の本だと、あまり生きることについて
深く考えたことがないような(?)キャラクタがそういうことに
目覚めるきっかけのひとつみたいに書かれていて、
まあどんな曲かしら、という感じが
ふんふんこんな曲なのね、という感じになったというくらいです。
しかしあれは海辺のカフカではなく高松のカフカだったのですな。
高松ライオン通りも栗林公園も「霧」も出てこない高松・・・。
「フランス六人組」という単語がなにやら新鮮だったので、
オネゲル、ミヨーの曲のはいったCDを買ってみました。
なんか、半額だったんですよ。でもそれは古い録音のCD化だったので、
ノイズが結構あってちょいと驚きました。
あ、シュトックハウゼンがなくなりましたな。
私が知ってるような、なんていうのかなー、
人口に膾炙したといった風な現代音楽の巨匠はどんどん亡くなっていくみたいですが、
それ以降というのはそれなりに巨匠化していくものなんでしょうか。

不信感の話は耳に痛いところです(^^;)。

日記は、わざとということはないですが、どこへ行ったとか何をしたとかは
ほとんど書かなくなってしまいました。
その分親しみは減るでしょうねえ。

「はてな」は、ブログをそのまま本に出来るので、百日分たまったら一回してみようか
と思っています。作るときには二冊つくって一冊おくりますから、
今度はトイレの中ででも読んで泣いてください。

冴えくらす都は雪もまじらねど山の端しろきゆふぐれの雨/定家

きのうきょうはこちらは雨なのですよー。
ではまたね。
 

訂正

 投稿者:ただ(夛田 真一)メール  投稿日:2007年12月 3日(月)00時53分11秒
  ×楽譜上は強弱がついているけど

○楽譜上は強弱がついていないけど
 

正岡さんこんばんは。

 投稿者:ただ(夛田 真一)メール  投稿日:2007年12月 2日(日)22時57分16秒
  大公三重奏うちのCD群ほっくり返してもなかったので最近
よく利用するオンライン音楽ダウンロードサービスから正岡さんに
プレゼントしようかと、音楽ファイルのギフトを利用しようかと、
おもったのですが、大公三重奏だけ選べなくて
(つまりアルバム全部になってしまう)
音楽ファイルプレゼントとしてはそれはちょっとうざったいのでは、
とうだうだ悩んでいたらもうお買い求めとあって。
ちょびっとほっとしたりざんねんだったり。

ある雑誌を読み返してたりそれについてのウエブでの記述とその、
レスポンスとしての応酬をとても興味深く呼んでいて、
とりあえずプリントアウトして要約していこうとおもったら、
ほとんど全文を書き写す状態になってしまったり、
やっぱり荻原さんは凄いなあと感嘆の念を禁じえなかったり、
その凄いという感覚は正岡さんに興味をもつようになってからと、
かなりタイムラグがあるのは自分のアンテナその他の感度の問題だと、
溜め息がでたりしていました。

J・S・バッハのフレーズで二回リフレインされるものに、
楽譜上は強弱がついているけど、でもそれはきっとトランペットのラッパで
二回目はこだまだから、二回目は弱く弾くという解釈によって、
曲の本質に近づけるかといったら、そうかもしれないですが、
楽譜に書かれていること以上のものが楽譜の行間にあるとは、
自分は、どうしても思えません。たとえば。

というか以上とか以下とかいうものさしがおかしければ、
楽譜に書かれていることそのものと、それを補う解釈とは、
厳密に、意味とか重みとかがまったく別である、
そんなふうな、けじめとか、マナーとかを自分は大切にしたいのかな、
とおったり、していました。

(だからといってそうしないのがマナーがないとか、
けじめがないとかいうのではなく、あくまでも、
自分の中だけの問題というか。)
(だったらいうなよ、というはなしにもなりそうですが)

その自分が面白がって読み返していた雑誌とか、
ウエブ上の記述とかを読み進めるうちに、

自分がいかに、
あさはかなままe短歌サロンなどへの(もちろんこの掲示板などへの)
書き込みを行っていたのか激烈に恥ずかしくなりました。

それと同時に、
また、ヴァーサスの既刊全部を丹念に読み返した後、
また折口信夫の別荘日記を読み返すとさらに今までとは違った、
味わいに触れることができるということおもうと、
喜びに震えずにはいれません。

数回目の別荘日記の読み返しは、
今までとは違った味わいかたができると思います。

***

「一首をきっかけにその作者に急に不信感がわくことがあるか」
という問いにふれたとき、かつて20代の終わり、正岡さんの
掲示板(この掲示板)に書き込んだ自分の書き込みに、正岡さんからの
返答がなく、そのことが自分を不安にさせ、「四月の魚」の作品が、
自分に疎遠な感じに思えた感覚がよみがえりました。

いま、過去を振り返ってそんな自分を思うととても苦笑なのですが。

先日、休日の昼休みの職員室でウエブを閲覧しながら、
東郷雄二さんが書いた「四月の魚」についての文章を読みながら、
冒頭の一首を黙読で復唱するうちに、涙がどばどばでてきて、
とまらなくなりました。

宮城はいま、見上げたら、冬の翼、がとても似合う空、の季節です。

そのあと別荘日記の過去ログをみてると、

><初句と結句はつながっている>

>夢のすべてが冬の翼よ

>なるべそ。

(引用に激しく略あり。表記なども曖昧BYただ)

とかあって、激しく泣き笑い状態になりました。

休日の職員室でひとり俺はなにをやっているのか。

職員室が休日で俺一人しかいなくてよかったです。

その当時の日記から比べると、独断と偏見かもしれないですが、
読者サービス的なニュアンスより、硬派な印象にシフトしている
(と俺は思う)
最近の別荘日記、最新のものも、凄く興味深く、拝読させていただきました。

そしてこうしたことを、
こうして掲示板にながながと緊張しながら書き込むことに、
以前より抵抗がなくなりました。
スルーされたり、削除されたりすることに、おびえる自意識過剰とは別な部分で、

正岡さんの短歌は、いい。いいものは、いい。
(正岡さんの短歌の神様とのひとりSMプレイもいい。いいものは、いい。)

と以前より思えるようになったことと、関係があります。

結局長い書き込みになったことをお許しください。

作曲家の弦楽四重奏曲をまとめて聴くなら、正岡さんには、
バルトークのそれがお薦めです(既に愛聴してるものだったりしたらすみません)。

正岡さんが日記にあんなにすげーこと書いてるのに、
だれもなんにも(厳密にはこれっぽちしか)反応しないのかよ!!

という強い気持ちから、久しぶりに長文を書いてしまいました。

今月17日はそれから、田中庸介さんの朗読を聞きにいきたいなあ、
なんとかスケジュール調整等どうにかなんないかなあ、
と思っているところです。

それでは。
 

秋月さんにはメールで

 投稿者:正岡豊  投稿日:2007年10月26日(金)23時48分14秒
  住所おくりました。

でもプロフのページにだいぶ前からのせてたんですけどね(笑)。
 

じゃあ、DVD送ります

 投稿者:秋月祐一メール  投稿日:2007年10月25日(木)21時34分13秒
  ご住所は、『四月の魚』の巻末に載っていると、変わられていますか?
もし変っていたら、メールでご連絡ください。

http://blog.livedoor.jp/capybara2/

 

ごめんなさいー

 投稿者:正岡豊  投稿日:2007年10月22日(月)18時11分22秒
  まさおかです。

>秋月さん

ごめんなさいー中学生日記見られませんでした。
あいむそーりー。
いつかビデオ見せてください、か、再再放送あったらいってください。
昨日の日本SFもみられませんでした。
仕方がないのでそのあとの名古屋おどりを見てました。

>たださん

家族がふえるのはいいことだと、単純に思います。
私は年賀状より歌集のことをかんがえないとー。
ではまた。


サイトのトップに今のところフリーのアクセス解析のジャバをはりつけました。
これは有名企業やディレクトリなんかからのアクセスがあると
そこの名前が出ますが、アクセスがあったからといって見たとは限らないのでは、
と思ったりはします。
ちなみに「扶桑社」と「佐渡テレビジョン」というのが今日はあがってました。
そんなところでー。


あ な た と は フ ォ ン ト が ち が う 夏 休 み / 千野 帽子
 

日付が変わったので昨日になりますが、

 投稿者:ただ(夛田 真一)メール  投稿日:2007年10月20日(土)02時05分15秒
  子どもひとりふえて3人になりました。って
掲示板でアピールしてしょうがねえなあおれ。
三人とも男の子です。年賀状の構想を練るたび、
子どもの数が増えていっているようで。
子だくさんの同年齢の弁護士と張り合ってるつもりはないです。
 

秋月さんこんばんわ

 投稿者:正岡豊  投稿日:2007年10月19日(金)03時57分20秒
  ごぶさたしています。


その時間帯なら見られそうです。
中学生日記はあれはあれで長寿番組ですねえ。
とりあえずまたどこかであいましょうねー。
 

中学生日記「恋して短歌」

 投稿者:秋月祐一メール  投稿日:2007年10月18日(木)00時25分0秒
  正岡さん、ごぶさたしております。
日記の再開、うれしく思います。

ぼくは2年前から名古屋にいて、
「中学生日記」を制作しています。

このたび、短歌を題材にしたドラマを作りましたので、
宣伝させてください。

 *

中学生日記「恋して短歌~気づかないほど そばにいた~」

10月20日(土)午前10:45~ 11:14 NHK教育テレビ

出演:後藤二七・後藤佑樹ほか
脚本:柏木 陽
音楽:比呂公一
演出:後藤友一郎

化粧と男の子にしか興味のなかったギャルが、
ひょんなきっかけから、短歌に挑戦することになり……
といった感じの、せつないラブストーリーです。

http://blog.livedoor.jp/capybara2/

 

レンタル掲示板
/24